バリアフリーの浴室にしたい|東京・神奈川でマンションのお風呂リフォームを行うヨコテック

東京・神奈川のマンションのお風呂リフォーム

ご相談・お問い合わせはこちら 株式会社ヨコテック 045-410-9300 FAX 045-410-9301 電話受付時間9:30~18:00 定休日 日曜・祝日 メールは24時間受付中

  • TOP
  • 当社の特徴
  • よくあるご質問とご回答
  • 会社概要

バリアフリーの浴室にしたい

TOP > バリアフリーの浴室にしたい

安全で心地よいバスタイムを

ご高齢の方がいらっしゃるご家庭や、老後の暮らしを見据えたご家族から多くのご依頼をいただいているのがバリアフリーリフォームです。高齢化社会という背景もあり、これまでにも多くのマンションで施工してきました。総合建築業者としての実績を活かし、バスユニットの交換などにとどまらず、手すりの追加や段差の解消などの対応も可能です。以下ではお年寄りの安全を考えた浴室のバリアフリーリフォームの例をご紹介します。

すべりにくい床に替える

水が乾きにくい床材やぬめりが出やすい床材は、転倒を招く危険ポイントです。すべり止め付きの床材(グリップフロア)に取り替えれば、転倒事故を防止できます。

手すりを設置する

転倒を防ぐ方法として、体の支えとなる「手すり」を設けることはたいへん有効です。浴室の出入り口や洗い場に設けることで安全に移動できるようになり、すべってしまった場合も大きなケガをせずに済みます。

浴槽をまたぎやすい高さに変更

湯船につかろうとしたとき、あがろうとしたときに足がつっかかり転倒……。またぎやすい高さにリフォームすれば、このような転倒事故を防げます。

スライドチェア・介護イスを追加

イスに座ったまま入浴できるスライドチェアや介護イスを追加すれば、直立が困難な方や車イスの方でも安全に入浴できます。

ご存じですか?ヒートショック

冬場の「暖かい部屋→寒い浴室→熱い浴槽」という急激な温度差は、血圧を大きく変動させ脳や心臓に負担をかけてしまいます(ヒートショック)。場合によっては心臓疾患や脳卒中を引き起こす恐れもあります。

浴室に暖房を設置すれば、寒さがなくなり、体に負担をかけずに入浴できます。ヒートショックを防いで、安全・快適なバスタイムを過ごすためには、暖房機能を付ける、入浴前に熱いシャワーを出して蒸気で浴室を暖めておく、といった対策が有効です。

ご相談・お問い合わせはこちら 株式会社ヨコテック 045-410-9300 FAX 045-410-9301 電話受付時間9:30~18:00 定休日 日曜・祝日 メールは24時間受付中

PAGE TOP

目的別製品のご案内
  • 今より広い浴槽にしたい
  • キレイなお風呂にしたい
  • 快適な浴室空間にしたい
  • バリアフリーの浴室にしたい
各社製品扱っております!
製品ラインナップ タカラスタンダード 暮らし快適、高品位ホーロー。 TOTO INAX
アパート、マンションの大家様へ
  • 経験を活かして集合住宅のお風呂リフォームの一括請負を承っております
  • お問い合わせから施工完了までの流れ
対応エリア
神奈川、東京、埼玉を中心に対応しております。関東圏であれば一度ご連絡ください。
Copyright © マンションのお風呂リフォームならヨコテック ~アパート、マンションの大家様も必見~. All Rights Reserved.